レッツノート Let's Note J10 無線LAN交換

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

 実はここ半年前くらいから、Let's Note J10の無線LANの調子が悪かったのです。インターネットから切断されて再接続できなくなる。Windowsの休止モードからの復帰や再起動で、無線LANインターフェース自体を認識しない。再起動して直るなど、たまに発生しては試行錯誤していました。

wlan_ex00.jpg 調べると、パナソニックから無線LANのドライバ更新が出ていて、「何かドライバの不具合でもあったのかな」とすぐに更新して安心していました。ところが、このお盆休みに再発・・・

 再度調べると、他にもLet's Note J10での同じ症例がいくつも出てきました。 全く同じ状況のをいくつも見ると、ロット不良の疑念が生まれるのですが、メーカーに問い合わせるのが面倒なので、自分で部品交換してみる事にしました。

 今まで、ノートパソコンの無線LANの交換ができるなんて知りませんでした。調べると、PCI-Express miniという規格のスロットに、Intelの【6250】という2.4Ghz/5GhzデュアルバンドWIFI+WiMAX機能のあるものが刺さっているという事がわかりました。なんだか汎用品の様で、Bluetoothなどの自分の好きな機能に載せ替えられそうです。私はWIFIだけ直れば良いので、同じものをAmazonでポチっと購入し、早速交換です。

ハーフサイズなので、非常に小さいです
wlan_ex03.jpg

 注意事項として、先に裏面ビスを外して、トラックパットの右側フタを開けます。ここで、フラットケーブル2つと、スピーカケーブルらしきものを外しておきます。丁寧にやらないとダメですね。また、フタの中のビス止め2ヶ所も外します。

wlan_ex02.jpg あとは、モニタのヒンジ部を除いて、ほとんどのビスを外すことになります。ビスの長さが3種類くらいあるので、元あった位置の通り同じく配置しておくなど、工夫が必要です。

wlan_ex01.jpg

 以上で前面が外れます。これでメインメモリ交換も2枚共できるらしいですね。手前中央のトラックパットの裏の位置に無線LANカードがあります。

wlan_ex04.jpg アンテナが2個付いていて着脱が難しく感じました。あんまり力を入れると、潰れてしまいそう(^_^;)

wlan_ex05.jpg 最後に組み立てて完了というわけで、従来のLet's Note Rシリーズに比べたら作業は簡単でした。ただし、壊したらサポートが受けられないと思うので、緊張はしましたね。同一製品なので、ドライバは自動でインストール・・・失敗と出ましたが、すぐにWIFIに繋がりました。Intelのサイトでドライバを公開しているので、必要ならダウンロードして使えそうです。

 あとは再発しないことを願うばかりです。それにしても、これだけ部品交換をするとCPUもSandy BridgeからIvy Bridgeに載せ替えしてみたくなります。でも、無理そうだなあ。


トラックバック(0)


コメント(2)

kkseki25 返信

最近、CF-J10の無線LANが接続できなくなり、どうしたものかと考えておりました。幸い、このブログに出会えて助かりました。
早速、 モジュールをアマゾンで調達し、復活しました。1400円ほどで修理でき助かりました、ありがとうございました。

Nama'sからkkseki25への返信 返信

それは良かったです。無線LANモジュールの不良事例が多い様なので、Intelの部品に生産時期によって不良があるのかもしれませんね。ただ、1年以上使って壊れたので初期不良とは言えそうにないですが・・・。

コメントする